天窓の暑さ対策!コスパで選ぶなら「遮熱クールネット」のDIYがおすすめ!

天窓の魅力は外の光を取り込んで、室内が明るくなるところ。逆にいうと、つける場所次第では夏場の日差しを取り込み過ぎて暑い!

 

そのために南向きに取りつけるのは避けましょう・・と良く言われますが、

ならば南向き以外なら大丈夫でしょうか?

 

実感している人もいると思いますが、決してそうではありませんね。

条件によっては南向き以外でも充分暑くなるんです。

 

だから、南向きでないからとブラインドを付けないでいて、夏になったら暑くなってしまったケースは珍しくありません。

後付けでブラインドやカーテンも制作できますが、特殊な場所なのでかなりコストがかかってしまいます

 

とはいえ、何もしないとエアコンの電気代もバカになりません。

そこで今回は、簡単な方法で暑さ対策になる「コスパ」重視の天窓の日よけ方法をご紹介します!

スポンサーリンク

天窓の暑さ対策のポイント

コスパ重視で対策するには基本DIYがおすすめです。

ただ、場所が場所だけに、

  • 取付が簡単
  • きちんと効果が実感できる
  • 必用の無い時(冬場など)も邪魔にならない

こういった条件に合うものから探しました。

 

ウインドウフィルムの問題点は?

エアコンを我慢しない省エネグッズの記事でご紹介したのが「ウインドウフィルム」。

透明で視線を遮ることなく遮熱してくれる優れものです。

 

ただ、おすすめの3M のフィルムは製品の価格が高めです。

 

ホームセンターで売っている安いフィルムでもある程度の効果は見込めるのですが、

  • 自分で苦労して貼ったわりに効果が今一つ
  • 耐久性が低い、熱割れを起こす
  • スモークの色が濃くて家の中が暗くなる

こういったことがあるので、あまりおすすめできません。

 

また、天窓なのでそもそもフィルムを自力で貼るのが厳しい!といった場合も多いと思います。

 

ウインドウフィルムを施工込みで業者に頼むとなると、さらにコストが・・となりますよね。

 

ともかく簡単に取り付けたい人に!「遮熱クールネット」

そこで、コストを安く抑えて、簡単に取り付け・取り外しがしたい人におすすめなのが

セキスイの「遮熱クールネット」

こちらの製品は一見フィルムのようですが、クールネットの名前のとおり網状になっています。

薄いネットの1本1本にナノレベルの金属コーティングがしてあります。裏面はちょっとキラキラしています。

 

 

フィルムと違ってハサミでカット可能。両面テープで取り付ける方式です。

 

「遮熱クールネット」の効果は?

スポンサーリンク

ただのネットではないのですが、その遮熱効果がどれくらいかというと・・

UVカット:69%   体感:-7℃

 

3MのウインドウフィルムがUVカット99%だったのに比べると、性能的には弱めというのは仕方がないですね。

 

ただ、こちらの製品の良いところは

  • カンタンに貼れる
  • 風通しがいい
  • ミラー効果がある

というところ!

網戸に貼ったり、ガラスではなく窓枠に取りつけることで窓を開けながら遮熱できます!

 

実際にわたしも窓枠に貼って使いました。

 

「遮熱クールネット」の取付はカンタン?

窓の大きさによりますが、取付は20分くらいで終わります。

取付手順を書いておきます。

 

1、窓や取り付けたい窓枠の大きさに合わせて生地をカット

カット用に両面テープ付きの定規が同梱されています。

はさみを沿わせて滑らせていけば真っすぐ切れました。

 

2、マジックテープがよく効くように四隅に穴を作る

こんな感じで穴をあけました。

 

3、窓や窓枠にマジックテープを取り付け、生地を貼る。

左右3か所ずつ、計6か所マジックテープを貼りました。

 

こちらの天窓はよく開閉するのに網戸がついていないので・・

2階の天窓とはいえ、やっぱり蚊が入ります。

そこで、窓枠に貼って網戸兼用とします。

窓枠にネットを貼る、というより両面テープで挟み込むようにして留めます。

 

ぴったり切ったはずが、引っ張ると伸びるのでちょっと余りました。

窓に貼る場合は微調整が必要かも。

 

以上で取付は終わり。

ウインドウフィルムのように気泡が入ったり、曲がってしまったりという失敗がないので気楽にDIYできますね!

 

「遮熱クールネット」取付ビフォーアフター

取付前

 

取付後

下から見るとネットがあることは全く気になりません。

外の景色も良く見えます。

 

取付前

取付後

 

ちょっとわかりづらいんですが、ネットのある・なしです。

 

こちらの遮熱クールネット、

一番効果を出すには、窓の外側に貼ることです。

 

ただし、天窓だと外側に貼るのはムリな場合も多いかと。

もちろん、天窓以外の普通の窓でも簡単取付で効果を発揮します。その場合は条件が合えば窓ガラスの外側に貼るのがおすすめです!

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

エアコンの効率をアップして省エネ・節電したいなら

エアコンを我慢しない省エネグッズランキング!電気代を安く快適に!

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。