子どものための空間のカラー・コーディネート│基本ルールとおすすめカラー・アイテム

家の中に子どものためのスペースを作ろうと思って取り掛かると、意外と難しいと思いませんか?

海外のコーディネートの事例を見ると、壁紙から家具まで全てキャラクターでコーディネートされたテーマパーク顔負けのものもあったりします。

壁や天井に大胆な色を使った写真も多くみられますね。

 

賃貸も多い日本の住宅事情では現実的ではないのかなあと思いますが、壁の色や家具のカラーコーディネートは、子どもの空間を整える上で大切なポイントになります。

そこで、今回は子どものための空間のカラーコーディネートで気を付けたいこと、日本の住まいでも取り入れやすいポイントとなるカラーアイテムについてお伝えします。

子どものための空間のカラー・コーディネート

子ども時代は大人よりも身の回りの環境に影響を受けやすい時期なので、特に色使いには注意が必要です。

子どものための空間のカラーコーディネートではどんなことに気を付けたら良いでしょうか?

単調な色づかいは避ける

前回の記事でモノトーンの害についてお伝えしましたが、特に子ども時代には単調すぎる色彩には注意が必要です。

身の回りがあまりにも単調すぎたり、同じことが常に繰り返されるだけだったとしたら・・

 

ドイツの居住環境と人との関わりについての研究によると、

必要な五感の刺激が足りない子どもの内面は単調で、生命力に乏しいものになってしまいます。

子ども時代の五感の刺激の欠乏は、無感動で周囲のことに無関心な人格の形成の一因となります。

 

また、一つの色が支配的になる環境も好ましくありません。

一つの色が多すぎると、色のマイナスの影響が強くなります。

単色づかいには例えばこんなマイナスの効果があります。

赤:攻撃性

黄色:嫉妬

青:現実感の喪失

オレンジ:カオス(混沌)

緑:貪欲

ターコイズ:距離を置く

 

海外インテリアの写真などでは真っ青な壁、天井の子ども部屋があったりします。

そのような極端な色使いは、子どものことを考えるとお勧めできるものではありません!

 

単調な色使いの弊害についてはこちらの記事で詳しく解説しています。

やってはいけないインテリアのカラーコーデ!色が身体と心に与える影響

 

過剰な色の刺激を与えないようにする

現実的には、子ども部屋というと色が多すぎることの方が一般的かもしれませんね。

音や振動などと同様に、色の刺激が多すぎることも大きなストレスになることがわかっています。

あまり色が増えすぎるとカオス状態になってしまいます!

 

子ども部屋だからといって多彩な色を使いすぎないこと。落ち着きのない感じになり、イライラの原因になります。

 

子どもに限りませんが、感覚の鋭い人は周囲の激しい色の刺激に精神が疲れてしまいます。

子ども部屋ではショッキングな色使いやビビットな配色を避け、広い面積にはパステルカラーを使うのが理想です。

 

子ども部屋のインテリアにおすすめのカラー・アイテム

スポンサーリンク

通常は、オフホワイトやベージュを基調としている部屋が大半だと思います。和室を子ども部屋にする場合もありますね。

また、うちなどもそうですが子どもが小さいうちはリビングの一角に子どもスペースを作ることもあるかと思います。

柔らかい色調のアイテムを追加して子どものための空間を整えてみましょう。

 

カーテン・ラグ

子ども部屋の場合、大きな面積のカーテンやラグは白やグレーよりも色の付いたものがおすすめです。

パステルカラーのカーテンやラグでコーディネートして楽しい雰囲気をつくります。

 

足元にラグを1枚追加するだけでもスペースが作れます。

リビングに子どもスペースがある場合などは、ラグで子どもの居場所を作るのがおすすめです。

 

アート・ポスター

壁の色が変えられない場合は、額をかけるのもおすすめです。

目線の高いところにある額やポスターは印象が強いので部屋の雰囲気が変わります。小物をたくさんそろえるよりも効果がありますよ。

自宅で掛けているファブリック・パネルです。

軽いので壁にピンをさして掛けることが出来るので、賃貸でも飾ることができます。

価格の安めなので、気軽に取り入れたい人におすすめです♪

 

ウォール・ステッカー

壁紙がビニールクロスなら、ウォール・ステッカーを貼るのもおすすめです。

色の綺麗なもの、子ども部屋に向いているようなカラフルな柄のものが沢山あります。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ウォールステッカー 木々と鳥 写真枠 ツリー 壁紙 北欧 激安 シールゆうメールで送料無料【代引・あす楽・日時指定不可】
価格:1780円(税込、送料無料) (2018/3/9時点)

お空が見える、こんな楽しいステッカーも♪

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ウォールステッカー アルファベット ウォールステッカー 空 窓 ステッカー 雲 シール 穴 岩 壁紙 洞穴 風景 景色 綺麗 おしゃれ アクセント かっこいい 世界地図 文字 英字 お風呂 ikea リビング 洋室 玄関 3d トリックアート 身長計 ディズニー 洗面 寝室 模様 空模様
価格:1280円(税込、送料別) (2018/2/10時点)

 

 壁の色を変える

リフォームで壁の色を変えるのはいかがでしょうか?

調湿効果や有害物質を吸着する効果のある壁材なら、部屋の環境も良くなるので色を変える以上の効果があります。

おすすめのエコカラットです。色・柄が豊富で保育園や病院でも使われています。

壁全体ではなく、一部分だけにポイントづかいしてアクセントにしても。

部屋の雰囲気を大きく変えることのできるアイテムです!

 

子ども部屋作りのヒント

家の中だけで考えると家具や収納にばかり気を取られてしまいます。

子どものための空間のヒントとして、幼稚園や保育園の部屋を考えてみましょう!

 

明るい色使いが基調になっていて、整理しやすいように整えられていること、子どもが遊べるように広いオープンスペースがあることが共通していると思います。

家庭の中でも同じように考えて、良いところを取り入れていくことが出来ますね。

無機質な感じになることを避けて、大きな面積を占める部分はパステルカラーのラグやカーテンでコーディネートして楽しい雰囲気をつくります。

 

子ども部屋だからと雑誌やネットに出ているようなおもちゃ箱のような部屋にする必要はありません。そうでなくても、子どもの持ち物やおもちゃの色でどうしても雑然としてしまいがちです。

あまり色を増やさないようにするのが落ち着ける環境をつくるコツです。

 

まとめ

子ども向けのインテリアの色使いで気を付けたいことをまとめました。

モノトーンは避ける

ビビットな配色、コントラストの激しい色彩を避ける

広い面積にはパステルカラーを使う

同じ色を多用しない(男の子なら青、女の子ならピンクなど)

あまり難しく考えず、明るく、楽しい雰囲気をつくるようなつもりで取り入れてみてください!

スポンサーリンク


コメントは受け付けていません。