「ヒルナンデス!」その調理、9割の栄養捨ててます!タマネギ納豆丼のレシピもご紹介!

2018年6月11日の「ヒルナンデス!」は、今主婦に大ヒットしている本その調理、9割の栄養捨ててます!』から栄養をもれなく取るための調理法のご紹介でした。

 

教えて下さるのは東京慈恵会医科大学附属病院の濱先生。先日放映した特集の第二弾です☆

「ヒルナンデス!」その調理、9割の栄養捨ててます!正しい調理法とは?

 

身体を整えるためにも、食事から栄養をもれなく取りたいですね。

番組内容と、本の内容からもプラスして情報をご紹介します!

スポンサーリンク

ブロッコリーのビタミンCを6割捨てている調理法とは?

栄養豊富のイメージがあるブロッコリー。

ブロッコリーのビタミンCはレモンの1.2倍、みかんの4倍だそうです。

 

ブロッコリーというと、お湯でゆでる調理法が一般的。

しかし、その調理法ではビタミンCがお湯に流れてしまうのです!

 

ブロッコリーの栄養素を逃さない調理法は、レンジでチンか蒸し料理!

ビタミンの流出を防ぐことができます。

 

卵は目玉焼きにすると、ビタミンDを4割も無駄にしている!

ビタミンDは骨を強くする効果が期待できる栄養素。

他にも免疫強化などの効果があるビタミンD、実はわたしもサプリメントで摂っています~!

 

しかし・・

ビタミンDは熱で破壊されてしまうそうです。

 

ビタミンDが最も多く取れる卵の食べ方は

半熟卵>ゆで卵>目玉焼きの順。

ビタミンD自体は生卵が一番多いそうですが、吸収率がよくありません。

 

卵の栄養をムダにしないおススメの食べ方は「温泉卵」!

覚えておきたいですね~

 

納豆は熱々のご飯にかけると酵素が6割死滅する!

スポンサーリンク

納豆の大事な成分、ナットウキナーゼ。血液サラサラ効果が期待できる酵素です。

 

ナットウキナーゼは50℃で活性が鈍くなり、70℃で死滅してしまいます。

 

納豆の酵素を活かすには 、茶碗によそってから3分ほど経ったご飯にかける!

 

炊き立てのご飯にかけるのはNG!炊き立てのご飯の温度は80℃くらいだそうです。

また、加熱調理もNG。同様に酵素が死んでしまってもったいないことになります。

 

栄養が丸ごと取れる!タマネギとアボカドの納豆丼

濱先生によると、納豆と組み合わせると最強の力を出す食材はタマネギとアボカド

これらを組み合わせた最強丼のご紹介です💛

材料
  • 納豆:1パック
  • タマネギ:1/8個
  • アボカド:1/2個
  • しらす:10g
  • 海苔:1/2枚
  • ご飯:茶碗1杯
  • しょう油 大さじ1/2、ゆずコショウ 小さじ1/4

作り方
  1. 納豆にゆずコショウ、しょう油を加えてしっかりと混ぜる。
  2. タマネギを細かく刻み、アボカドは1cm書くに切る
  3. ご飯の上に刻み海苔、納豆、タマネギ、アボカドを乗せ、シラスを加えて完成♪

 

タマネギの血液サラサラ効果、アボカドの生活習慣病予防効果、それに納豆の血液サラサラ効果、これらの栄養素が丸ごと取れる健康丼。

簡単で効果がばっちり期待できそうです♪

 

ニンジンは生で食べるとベータカロテンの9割がムダ

ベータカロテンは身体の中でビタミンAに変わる栄養素。

ビタミンAは油に溶けるため、油と調理することで体内に吸収されやすくなります。

 

ニンジンのベータカロテンを最も効果的に摂れる調理法は、

油で炒める>蒸す・煮る>生の順。

ニンジンは炒めてベータカロテンの吸収率が8倍以上アップ

 

ベータカロテンは加熱すると2倍、油を使えばさらに吸収率が70%にまで上昇します。

ビタミンAは免疫力やアンチエイジング効果のある栄養素。余すことなく吸収したいですね!

 

キュウリはヌカ漬けでビタミンB1が8倍になる!

ビタミンB1は豚肉などに多く含まれ疲労回復効果があります。

 

キュウリは美味しいけど、栄養はあまりない野菜かと思っていましたが・・?

 

実は、ぬか漬けにすると栄養豊富に。

きゅうりがヌカの栄養を吸収するそうです。

キュウリは糠漬けにすると、ビタミンB1は8倍、カリウム、ビタミンKは3倍。

腸内環境を整える効果のある乳酸菌も一緒にとることができる。

 

美味しいキュウリの糠漬けが食べたくなりました~♬

 

まとめ

今回はすぐに作りたくなるレシピの紹介もありましたね。

栄養素を無駄にしない食べ方を実践して、この夏は疲れない身体を手に入れたいと思います♪

 

話題の本、その調理、9割の栄養捨ててます!』わたしも前回番組が終わってすぐに購入しました。

切り方、火の通し方などの調理法の他に、食材を劣化させない保存テクなども紹介されています。

 

「とりあえず冷蔵庫にいれる」と、栄養を大損している場合もあるそうですよ!

 

イラスト満載で読みやすい本でした。是非1冊お手元にどうぞ♪

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

栄養素をムダにしない調理法、前回の記事も合わせてどうぞ!

スポンサーリンク

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。