干す頻度や時間は?花粉対策にもなる布団の室内干しの方法をご紹介!

布団、どのくらいの頻度で干してますか?

布団がふんわりとしているのは気持ちいいものですね。それに、アレルギーの原因となるダニなども気になるところ

でも、花粉やホコリが気になる人や、そもそも住宅事情で外に干せないという人、結構多いと思います。

そこで、正しい布団の室内干しの方法について今回はまとめてみました。

スポンサーリンク

布団は天日に干すべき?

お日様に干した後の布団はふっくらと膨らんで、いかにも清潔そうに見えますね。

でも、布団はどうしても外に干さなければならないものなのでしょうか?

実際のところはどうなのでしょう。

天日干しに向いている布団、向いていない布団

布団を天日に干す理由、それは「布団を乾燥させる」、「布団内部のダニを死滅させる」と考える人が多いのではないでしょうか。

日光で殺菌するという人もいるかもしれませんね。

確かにその効果はあるのですが、実は天日干しが有効なのは、中綿が綿かポリエステルの場合だけなのです!

綿の布団は大変湿気を含みやすい性質を持っています。布団が重くなるのも湿気を含んでいるから。

また、湿気が増えるとダニも増えていきます。

その対策としてはやはり天日干しが一番。10時から2時ごろまでの間に外に干して、溜まった湿気を逃がすようにします。

 

しかし!

みなさんが良く使っているであろう、中綿が羽毛(ダウン)や羊毛のお布団に天日干しは向いていません!

何故でしょうか?

それには2つの理由がありました。

 

羽毛(ダウン)や羊毛の布団が天日干しに向かない理由

まず一つ目の理由です。

羽毛や羊毛の動物性の繊維は湿気を出し入れする性質があります。

繊維自体が湿度を一定に保つような特性があるため、湿気が多く溜まってしまうことがありません。

そのため、風通しの良い部屋に干すだけで十分なのです。

 

また、湿気が溜まらないということは他にも良いことがあります。

それは、ダニが繁殖しにくいということ。

ダニは湿度、温度、エサ(フケなど)の条件がそろった時に大量発生します。

羽毛や羊毛の布団内部には湿気が溜まらないので、ダニも増えることはありません。

 

二つ目の理由は、高温にさらすと繊維が劣化してしまうということが挙げられます。

動物性の繊維はタンパク質で出来ているため高熱に弱いのです。

(ちなみにダウンジャケットも、一般のコインランドリーで乾燥するのは高温になりすぎるのでNGです)

 

天日に干すのが短時間なら高温になりすぎることもありませんが、その場合もカバーつけて干すように布団メーカーでも推奨しています。

布団の正しい室内での干し方

スポンサーリンク

では、ここから羽毛や羊毛の布団を室内に干す場合のポイントをご紹介します。

綿のお布団の場合は天日に干すのがおすすめですのでスルーしてください。

干す頻度

布団メーカーによると推奨は週1度程度となっています。

これはあくまでも目安で、条件は季節や気温によって、また寝る人の汗の量によっても変わってきます。

気になる場合はもっと頻繁に干した方が良いでしょう。

 

また、カバーはホコリや汗、花粉などが付着しています。

カバーも定期的に洗濯する必要があります。こちらも週1度程度が目安です。

特にアレルギーのお子さんなどお持ちの場合は気を付けてみてください。

室内に干す方法

布団メーカーのおすすめは、日中風通しの良い部屋で布団を拡げておくこと

ただ、働いている人や高層マンションにお住まいの人は、日中窓は閉めておくことが多いのではないでしょうか。

花粉やホコリの気になる季節もあまり外気は入れたくないですよね。

 

その場合も、日当たりの良い室内に拡げておくだけで十分乾燥します。

途中で裏返して裏側も干すようにすると、より効果があります。

 

布団を早く乾燥させるためには、椅子やソファーの背に布団の両端をかけて、両面を空気に触れさせるようにします。

 

干す時間は、気温やお部屋の湿度によって変わってきます。お部屋の湿度が高いと効果がありません。

湿度が40%くらいの日差しの入る室内であれば、3時間程度で充分乾燥します。

頼りになる布団乾燥機

室内干しなら、朝、布団をリビングなど日当たりの良い場所に置いておくだけで大丈夫。

とは言え、その場所や時間がないことも多いですよね。

そんな時に頼りになるのは、やっぱり布団乾燥機です!

 

うちでも使っていますが、布団を乾燥させるだけでなく、布団を暖めるのにも重宝しています。

ちょっと寒いなぁと感じたり、布団が重いなぁと感じた時は、お風呂の前にセットして30分、お風呂から上がるとお布団がホカホカになっています。

掛け布団だけでなくマットレス側も温まるので、背中が温かいと温泉に入ったみたいにいい気分ですよ~

 

気になる電気代は、1回30分とすると10円程度です。

わたしの場合はマットありのタイプを使っています。マットなしのタイプならより【時短】できそうですね!

 

スポンサーリンク

 


コメントは受け付けていません。