一人暮らしの靴収納の困ったを解消!収納のコツやおすすめの下駄箱をご紹介!

一人暮らしのお部屋では、収納の面積が圧倒的に足りないと感じませんか?

ワンルームや1Kの部屋。残念ながら、充実した収納がついている可能性は高くありません。

 

加えて賃貸のマンションやアパートでは玄関の面積も狭かったり、玄関自体が無い場合も。

そのような住まいの場合、特に困るのは靴の収納ですね。

 

今回は、一人暮らしやワンルームの部屋の靴収納のポイントについて解説したいと思います!

スポンサーリンク

一人暮らしの部屋の靴収納のポイン3つ

狭い部屋の靴収納について、3点のポイントをお伝えします。

 

1、玄関に収納を設置する時のポイント

まず、玄関にシューズラックを設置する場合のポイントを解説します。

 

1-1 玄関の壁面を有効に使う

限られた空間を活かすためには、横に大きいものよりも高さのある収納が効果的です。

省スペースでも容量が大きいのは、奥行が小さく、縦に重ねて置けるようなスリムなタイプ。

狭い玄関にピッタリです。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

下駄箱 シューズボックス シューズラック【幅60cm】

 

高さがあると収納力は高くなりますが、当然目線にも入りやすくなります。

オープンラックに靴を置く収納もありますが、高さのある収納の場合見た目のすっきりする扉のあるタイプの方が断然お勧めです。

 

1-2 収納を置く位置はフレキシブルに

狭くてシューズラックをどうしても置けない場合や、玄関に他の物(自転車など)を置きたいので下駄箱が置けない、といった場合。

小さなシューズラックを置いても結局は入りきらなくなって、結局は靴の置き場所に困ることに。

 

そんな時には低めの収納を間仕切兼用で使うのもおすすめです。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

 Rosy (ロージー) 幅152シューズボックス

 

おすすめの置き方は、玄関の壁ぎわではなく、玄関ドアの正面など間仕切となる位置です。

すると、ワンルームでも「リビングやキッチン」と「玄関」をゆるやかに仕切ることが出来ます。

 

下駄箱が目線を遮るアイストップとしても機能するので、一気に部屋の使い勝手が良くなる場合も。

 

高さをおさえた収納なら空間はつながっているので、部屋が狭くなる感じもありません。

是非お試しください!

 

2、靴の収納スペースを無駄なく使う便利グッズ

シューズラックが備え付けだったり以前から使っているものがある場合も、便利グッズで容量を増やすことが出来ます。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

 靴箱 シューズラック 便利グッズ

 

100均グッズなどでも色々ありますが、取り出し易いこんなラックなら朝時間が短縮できそうです!

 

3、それでも足りない時の収納法

どうしても玄関の収納に靴が入りきらない場合、ブーツが多くておさまりきらない場合、そんな時は他の場所にしまうことになります。

クローゼットや押し入れに収納する場合は専用のシューズボックスがあると便利です。

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

 山善(YAMAZEN) 10個セット 収納ボックス 折りたたみ

 

こちらのケースは中が見えることと、前から取り出せることがポイントです。

 

この機能があることで、普段の収納としても十分使い勝手が良いものとなっています。

もちろんシーズンオフの収納としても便利ですね。

 

まとめ

一人暮らしの靴収納のポイントとして、

 

1、玄関に収納を設置する時のポイント

2、靴の収納スペースを無駄なく使う便利グッズ

3、それでも足りない時の収納法

の3点をお伝えしました。

ご自宅の靴収納を考える時の参考になれば幸いです。

 

最後までお読みいただきありがとうございます。

狭い玄関だとどうしても靴や下駄箱の臭いが気になるという人に⇒

玄関の臭いをどうにかしたい!靴や下駄箱の消臭からおすすめアロマまでご紹介!

スポンサーリンク

 


コメントは受け付けていません。