モンテッソーリ教育に学ぶ!0歳からのお片付け 自宅で実践 絵本編

スポンサーリンク

子どもが自分のことを自分でする体験を大切にしている教育法、「モンテッソーリ教育」。

前回は、 「モンテッソーリ教育」流のお手伝いやお片付けのポイントをお伝えしました。

モンテッソーリ教育に学ぶ!0歳からのお片付け その1

 

今回は実践編として、実際に我が家で子どものための環境を整えてみた様子と感想をお伝えします。

まずは絵本を自分で選べて元にもどせるように、絵本棚を設置してみました。

モンテッソーリ流 自分でできる環境づくり

モンテッソーリ教育をヒントとした子どものための環境づくり、こんなポイントがありました。

子どものサイズに合わせる

自然素材のもの、清潔で手触りの良いものを

「秩序感」を大切にする

自分で選択する、自分で元に戻す

 

ではモンテッソーリ教育の講師の方などが家庭で推奨している絵本のお片付け方法は、具体的にはどのようなものでしょうか?

 

絵本棚の設置

絵本は、子どもが選びやすい、自分で元に戻しやすいようにするために表紙の見える棚に整理するのがお勧めされています。

特にモンテッソーリというわけではないですが、幼児のうちは表紙が見えないと絵本が選びにくいとよく言われているので、自作で絵本棚は作っていました。

子どものためというより、わたしがこんな棚に憧れていた、というのがあるかもしれません。

本当は自然素材のものがいいのですが1時間くらいで作った段ボール製です(笑)。

 

今一番読むもの、気に入っているものを表紙の見える棚に置くようにしています。

入りきらない分はかごに入れて下に置いています。

 

娘が1歳半くらいの時につくりました。

 

使ってみた感想

スポンサーリンク

表紙がみえるとやはり選びやすいようで、この棚を作ってから自分で絵本を選ぶようになってきたと思います。

年齢的なものもあるし、他の子と比べたわけではないのであくまで娘の場合ですが、好きな絵本というか知っている絵本を持ってくるような感じ。

それまでは本棚に入れていたので、ただ手に取ったものを持ってくるといった方が多かったように思います。

 

例えば書店で自分が本を選ぶことを考えても、本棚に入っているよりも平積みのものに最初に目が行きます。特に小さい子どもにとっては表紙が見えるのは親切ですね。

 

ただ、わたしとしてはこのタイプの棚はほとんど本が入らない、というのが実際に使ってみての感想。

児童館などでは部屋が広いので気が付かなかったのですが、本棚というよりディスプレイのための棚なので結構幅をとります。

絵本を重ねていれてしまっては意味がないし・・・

収納は別、と割り切って使う方がいいかも、というのが率直な意見です。

 

場所に余裕があればこんな棚が欲しいです!

子供の姿勢を考えて選んだ、娘のための最初の椅子でご紹介した、株式会社なかよしライブラリーさんの絵本収納です。

 

読み終わった絵本を元に戻すには?

この棚に絵本を元に戻すかというと、まだ一度もやってくれません。

実は今回模様替えをして、片隅にあったこの棚を移動して居間に絵本コーナーを作ってみました。

(うちは子ども部屋のスペースがありません。そのうち考えなきゃ)

 

娘も気に入って掃除などしてくれたので、これからに期待!!

 

それと、今回モンテッソーリ教育のことを学んだおかげで気が付いたことがあります。

それは、元に戻すことに関してはこれまでは「読み終わったら元に戻して~」と声をかけるだけだったということ。結局自分でやった方が早いのと、戻すのはまだ無理だろうという気持ちがありました。

モンテッソーリ教育では大人がゆっくりと動作を見せるとあります。

これからは、本の戻し方もゆっくりとお手本を見せてみようと思います。

 

子どもに限ったことではないけど、片付けに関してはソフト面とハード面、どちらも整えていくことが大切なんだなぁと実感いたしました(^^;

次回、おもちゃ編に続きます。

 

スポンサーリンク

 


コメントは受け付けていません。