モンテッソーリ教育に学ぶ!0歳からのお片付け 自宅で実践おもちゃ編

スポンサーリンク

子どもが自分のことを自分でする体験を大切にしている教育法「モンテッソーリ教育」

子どもが自分でできるように小さい手でも使いやすい道具を用意してあげたり、手の届く位置に置いたりと、まわりの環境を整えることも重視しています。

わたしも出来る範囲で取り入れてみたいと思い実践を試みています。

 

前回はお片づけのできる子になるという期待を込めて、絵本を入れる棚を設置しました。

モンテッソーリ教育に学ぶ!0歳からのお片付け 自宅で実践 絵本棚編

モンテッソーリ教育のお片付けのポイントについてはこちらをご覧ください。

モンテッソーリ教育に学ぶ!0歳からのお片付け

 

今回は絵本に引き続きおもちゃの収納です。

自宅でおもちゃの分類や収納を設置をした様子、そしてその感想をお届けします。

おもちゃの収納棚設置まで

おもちゃを箱から取り出し、分類、棚の設置という順序でおもちゃ収納を整えました。

1、おもちゃを箱から取り出す

まずはどんなおもちゃを持っているか、全部取り出して眺めてみます。これまではこんな大きめのかごにおもちゃを入れていました。

 

1歳(もうすぐ2歳だけど)なのでまだこんなでいいか、といった感じで。

おもちゃの総量としては、同じくらいの大きさの箱がもう1つあり、他にレゴが1箱あります。大きなボールなどは入れるところがないのでそこらにいつも転がっています(^^;

 

さて、モンテッソーリ教育では自分で選択する・自分で元に戻すこと、「秩序感」を大切にすることなどを大切にしていました。

モンテッソーリの講師の方のお勧めによると、おもちゃ類はアイテムごとに分類してラベルを貼ると子どもが自分で片づけやすいそうです。

児童館や保育園がお手本ですね!

 

2、おもちゃの分類

まだあまりおもちゃが多くないのですが、もう少し年齢が上がってくると本格的におもちゃごとの分類が必要となってくるようです。

この時持っていたおもちゃは、ぬいぐるみが5,6個

ミニカーが10個ほど

その他単品のおもちゃが5,6個

積み木とブロック

いただいてまだ使っていないパズル類

もう使っていないおもちゃやガラガラなど

おもちゃ箱には何故かわたしのツボ押しも入ってましたね(^^;

子どもがわかりやすいようにこれらを分類、いらないものは他の場所にしまいます。

 

3、おもちゃ用の棚の設置

今までおもちゃは2つの箱に全部入っていたので、それなりにコンパクトにまとまっていました。

それがばらして収納となると確実に場所を取るし、家じゅうが子どものものであふれるようでちょっと・・・と最初はあまり乗り気でなかった棚の設置。

 

とはいえ、モンテッソーリではありませんが以前シュタイナー幼稚園で見せていただいたおもちゃの収納の、美しく使いやすそうなところに感動したのも事実。そこでも子どもが取り出しやすいように、オープン棚におもちゃが並んでいました。

例えるならお店のディスプレイのような感じです。

洋服や雑貨を売る店も、お客さんが手に取りやすいように工夫をしています。例えば、目線のところに売れ筋商品を並べるとか、商品はなるべく広げて見せるとか、ありますよね。

 

子どもにとっても手に取りやすく、片づけやすいオープン収納も店舗をお手本にすると分かりやすいかもしれません!

 

 

さて、居間の片隅を片づけて、棚を置いてみました。

(今のところ子供部屋がないもので、居間にコーナーをつくっています)

ケースとしては余っていたかごと、紙の箱なんかを使ってます。あるもので揃えるのも有りかと思ったのと、プラスチック製のものを見えるところにあまり置きたくないという理由です。

容れものについては、おもちゃが増えてきたらその時にまた考えていきたいと思います。

 

おもちゃ棚、実際の娘の反応

スポンサーリンク

おもちゃの棚は夜のうちに設置したので、娘の反応は心配でした。

起きてきて荒らされるかな、と(この時2歳前ですがイヤイヤ期が始まっていて、反抗的になることも出てきていたので)。

 

でも、そんなこともなく新しい収納に興味深々。

 

 

ミニカーを取り出して少し遊んでみたり、上の方には何があるのかな、と見てみたり。

やさしい手つき(に母は見える)で、遊んだおもちゃもかごに返していました!結構気に入って使ってくれそうな予感です♪

 

おもちゃ棚、自分(母)の感想

棚を設置した感想です。

  • いままでは十分に遊んでいないおもちゃがあったことに気が付いた

決まったおもちゃや新しいおもちゃばかり使っているように見えていました。かごに放り込んでいたので下の方のものが取り出しにくかったのでしょう。

久しぶりに見るおもちゃで楽しそうに遊んでいました。

きちんと目が届くので、自分で遊びたいおもちゃを選べるのだと思います。

 

  • 見えるようにしておくと、おもちゃの種類が変わってきそう

おもちゃ箱だと良く見えないので、貰ったけどその場限りで使わないもの(ファミレスなどでもらう物とか)なんかも許容してしまい、無駄なおもちゃがどんどん増え続けることに。

見えるようにしてあると無駄なものは置きたくなくなります。

  • おもちゃが大切にされている感じがする

ひとつひとつのおもちゃに置き場所があってきちんと整えられていると、大切にされている感じを受けます。

実際、今回棚に置くときにも、拭いたり、ホコリを払ったりしたので、おもちゃのメンテナンスをする機会となりました。今までちゃんと出来ていなかったので・・・

ものを大事にすることもこういうことから身につくかな?と期待したり。

それにはまず大人が見本を見せることですね!

 

  • かなり場所をとる

子どもが見やすいように広げて収納するということは、下の方に拡げて置くということになります。

重ねると見えにくいということもあり、収納のスペースとしてかなり場所をとります。

上の方が使えないし、家具が多いため空いている壁面が少ない家庭では厳しいのも事実。

先ほど設置した棚は幅が60cmほど。成長に従っておもちゃが増えていくともう少し工夫が必要になりそうです。

 

  • ついついおもちゃ以外のものを置いてしまう

居間に置いているからなのですが、子どもが整理しやすいということは便利な位置にある収納棚。ついついおもちゃ以外のもの、例えば保育園の連絡帳なんかも 置きたくなります。

子どもが使うために設置した棚なので、このスペースだけは他の物が混じらないように注意ですね。

 

以上のように、わたしなりのメリット・デメリットがありました。

とはいえ少し面倒だったおもちゃ棚の設置、意外と良い効果がありそうで今後が楽しみになっています。

当面は限られたスペースに入る分だけのおもちゃを置いてみようと思います♪

 

おまけ 子ども用の机と椅子

お片付けとは関係ないのですが、モンテッソーリ流では早くから机、椅子を与えるとのこと。乳幼児のうちから座ることの習慣や机での活動を促すことが目的だそうです。

そこで、空いていた机に子ども椅子を設置してスペースをつくってみました。

スケッチブックなど広げて誘ってみましたが全く座ってくれず撃沈。

これもそのうち自分から座ってくれるようになるかな?机、椅子に関しては長い目で見ていきたいと思います。

 

まとめ

最後までお読みいただきたりがとうございました。

モンテッソーリ教育から学ぶ、としてお片付けのヒントや収納を実際に設置したようすをお届けしました。

モンテッソーリの講師の方によると、幼児期はお片づけが出来ないのではなく、どう片付けたらよいのかわからなかったり、片付けづらい環境のために出来ないことが多いそうです。

そこで、幼児でもできるような環境を整えることが大切となります。

 

大人にとっても片づけやすい環境を整えることは大切です。子どもに関しては、いっそう周囲が気が付いて片づけやすいようにしてあげることが必要なんですね!

 

教育につながるかどうかは専門ではないのでよくわかりませんが、母親としては片付けのできる子になってほしいという希望はあります^^

子どもの周りの環境づくりについてはこれからも勉強していきたいです。

 

子どものための空間を考えるうえでは色の影響も見逃せません。子ども部屋のカラー・コーディネートについてのこちらの記事もご覧ください♪

子どものための空間のカラー・コーディネート│基本ルールとおすすめカラー・アイテム

モンテッソーリ教育をヒントにした子ども部屋のインテリアについて、こちらもご覧いただけると嬉しいです♪

感性の豊かな子に育てる低学年向け子ども部屋!モンテッソーリ教育をヒントにインテリアを考える

スポンサーリンク


コメントは受け付けていません。