お風呂の鏡の水垢も取れる?自然派掃除で浴室をピカピカにする方法

スポンサーリンク




健康や環境のことを考えて、自然派のお掃除をしている人が増えてきたように感じます。

わたしも洗剤の手荒れには悩まされた時期があり、なるべくCMをしているような強力な洗剤を使わない方法でお掃除が出来ないか、いろいろと試してきました。

試したのは重曹、クエン酸、石鹸など定番の自然派お掃除アイテムから、アルカリイオン水洗剤、自然派クレンザーなどナチュラル系の洗浄剤。洗剤なしで汚れが落ちるマジッククロスの高級版なんかも買ってみました。

その経験や本・ネットで仕入れた情報から、満足のいく仕上がりの自然派のお風呂掃除法が最近わかってきました。

ナチュラルなお掃除といっても、汚れやカビが残らないようなピカピカの仕上がりが理想です。

そこで今回は、簡単に浴室が綺麗になり、安全で環境にもやさしい、自然派お風呂掃除法をご紹介したいと思います。

自然派の浴室掃除法

 

自然派のお掃除で汚れを落とすには、まず汚れの種類を見極めること。

洗浄力の低めな自然派のアイテムを使う時は、汚れの種類に適したアイテムを持ってくることが大切になります。

浴室の汚れとは?

お風呂の汚れは、皮脂、カビ、水垢がメインになります。

汚れの特徴を順に見ていきたいと思います。

皮脂汚れ : 人の身体が弱酸性なので酸性の汚れです。酸性なので、重曹やせっけんなどのアルカリ性の洗浄剤で汚れを中和すると、簡単に落とすことができます。「油」 もアルカリ性なので、油を落とすものと考えるとわかりやすいですね。

浴槽や壁、床、洗面器など広範囲にわたっていますが、比較的取れやすい汚れです。

カビ : 床や壁の表面などの薄いカビなら重曹や研磨剤で落とすことが可能です。しかし、浴槽のコーキング部分(白いパッキンの部分)についたカビはかなり手ごわいです。

水垢 : 鏡や水栓につく白いウロコ状の汚れで、水道水中のカルシウムやせっけんのすすぎ残しが原因です。アルカリ性の汚れなので、酸性の酢やクエン酸を使うか研磨剤で磨く必要があります。

 

部分別お掃除法【浴室編】

スポンサーリンク



ここからは具体的な掃除方法についてお伝えします。

浴槽 ・ 壁 ・ 床

普段の掃除

浴槽や壁、床の汚れは皮脂汚れがほとんど。普段は、入浴後にお風呂から出る時にせっけんを使って掃除をしてしまいます。

浴槽の残り湯に重曹を溶かしておいて掃除する方法もありますが、それだと日を改めて掃除しなくてはならないのが面倒。それに、最後にお風呂から出る時は浴室自体が温まっていて、汚れが落ちやすくなっています。お掃除をするのにはベストな状態といえますね。

服を着る前にお掃除すれば水はねなど気にしなくていいのも楽チンです。

やり方は簡単です。

1.浴室用のスポンジで石鹸を泡立て、浴槽 ・ 壁 ・ 床 をこする。

2.40℃程度のお湯で泡を流す。

3.残った水滴をタオルや身体を拭いた後のバスタオルで拭き取る。

注意点としては、せっけんカスが残らないよう高めの温度で泡を流すこと。

このながら掃除は簡単なのでおすすめなのですが、自分が最後でない場合、最後の人が出た後に改めて掃除をすることに・・。うちの場合は、最後に入った人が掃除をするルールになっています!

 

念入りな掃除は「ハイホーム」で

普段の掃除では落としきれない汚れを休みの日や時間のある時に落とします。わたしの場合は2週間に1回?程度です。

ハードな汚れには自然派のクレンザー「ハイホーム」を使っています。

昭和38年発売のロングセラー洗剤ハイホーム

浴槽や壁、床の汚れは主に皮脂汚れが原因なので、重曹で落とすことも可能です。少しハードな汚れでも重曹は研磨剤としても使えるので軽くこすれば落とすことはできます。

しかし、重曹には重大な欠点が。それは、粉状なので垂直面で使えないこと!

重曹ペーストや重曹を水に溶いた重曹水を使う方法もありますが、直接振りかけるより効果が落ちる気がします。それに作るのも面倒なので、今はもっぱらハイホームを使っています。

 

ハイホームの特徴

「ハイホーム」 とは、せっけんと天然珪華石(湯の華)を主成分にした、手肌や環境にやさしいクレンザーです。界面活性剤や香料等を一切使用しないで製造されていて、ミクロの粒子で傷つきにくく、少量でも迅速に磨き洗いできるのが特徴。

せっけんはもともと守備範囲の広い洗浄剤ですが、せっけんが主成分の「ハイホーム」も使える場所が広範囲です。

浴室では浴槽、タイル、目地等の水アカ、金属部分、ガラス部分、換気扇など、つまり浴室全体に使うことが可能です。使う場所によって洗浄剤を変えていく手間や、洗剤の保管場所のことを考えると、これ1個で大抵の場所が掃除できるのは便利ですね。

 

ハイホームの使い方

使い方は簡単で、クリーム状になっている中身を水をつけたスポンジに取り、軽くこすっていきます。研磨剤が入っているので、強い力は必要ありません。

写真中央部分がハイホームでこすった所です。

目地はブラシでこすると、せっけんなので泡立ちます。後はしっかりと水で流して終わりです。

目地部分だけでなく床全体が黒ずんでいたのが、簡単にきれいになりました。

研磨剤成分が入っているため浴槽のざらつきなどにも効果的です。掃除した後は水弾きも良くなり、汚れも付きにくくなります。

 

こちらのハイホーム、キッチンのシンクや鍋の焦げ付きにも効果を発揮します。1個持っていると何かと使えますよ!

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ハイホーム(400g)
価格:1296円(税込、送料別) (2017/9/8時点)

排水溝

排水溝は使用後に髪の毛などを取り除き、床掃除の時一緒に風呂掃除用のスポンジで軽くこすっておきます。表面のヌメリや汚れはこれだけで綺麗になります。

念入りな掃除をする時には排水パイプの汚れを取るために、重曹とクエン酸を混ぜて使います。

 

なぜ重曹とクエン酸がヌメリに効果があるのでしょうか?それは重曹とクエン酸を混ぜると化学反応が起こって炭酸ガスが発生し、その泡が汚れを落とすのに効果的なのです。

 

重曹をまんべんなくふりかけたところに、クエン酸を水で溶いたクエン酸水をふりかけて反応させます。

シュワシュワと泡がでて反応が始まります。化学の実験みたいで見ていて面白いですよ!

この後30分くらい置いておくと、汚れが浮いてきます。ブラシやスポンジで軽くこすったあとに40℃くらいのシャワーで流すと、このとおりサッパリ、綺麗になります。

排水パイプの中までピッカピカ、気持ちいいですね♪

ちなみに重曹大匙2に対しクエン酸大匙1をお風呂に入れると、自家製の炭酸風呂が楽しめます。お試しあれ!

 

コーキングのカビ

初期のカビ

 

カビにも種類があり、赤カビや初期のカビ(薄い黒ずみ)は研磨剤でこすれば大抵取ることができます。

軽いカビには重曹を使います。

軽く濡らした後に重曹を振りかけて1時間くらい置いておます。その後ブラシで軽くこすり、シャワーのお湯で流せば終了です。

重曹を汚れ落としの研磨剤として使うことで、びっくりすぐほど簡単に白くピカピカになりますよ♪

 

頑固なカビ

頑固な黒カビは生えてしまうと表面をこすってもあまりきれいになりません。根が張っているためでしょう。そのため、塩素系のカビ取り剤などをやむなく使っていました。

現在は、カビは予防に徹しています。

日常的に以下のことを気にするようにしてからは、カビは生えなくなりました。

お風呂を出る時に掃除をして汚れとせっけんカスを取る

浴室の壁に残った水滴を拭きとる

日中は換気扇を回しっぱなしにする

カビ掃除の後に使うことが前提ですが、微生物の働きでカビの繁殖を抑えてくれるというこんな便利アイテムも。

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

コジット バイオ お風呂のカビきれい ネオパワー(強力タイプ) |1402NFZM^
価格:1148円(税込、送料無料) (2017/9/8時点)

鏡 ・ 水栓の水垢

鏡や水栓の水垢の白いウロコ状の汚れ、これもこびりつく前の予防が大事だったのですが掃除方法がまちがっていたため、ウロコがしっかりとついてしまっています。

何も考えずにせっけんの泡で洗っていました。水垢は汚れの種類が酸性ではなくアルカリ性なので、これではNGですね。

 

今回、ナチュラル系の洗浄剤でどれほど落ちるのか試してみました。

まずはハイホームで実験

汚れにハイホームをつけてくるくると軽く円を描くようにこすっていきます。なんと、ウロコ汚れが瞬時に綺麗に!

しかし、乾くとまたウロコが出てきてしまいました。汚れの7割くらいは落ちたものの、一発で完全に綺麗にするほどの力はなさそうです。

水垢がこれほど固まる前ならもう少し楽に落とせたかもしれません・・

 

次はクエン酸を試してみました。クエン酸水に浸したキッチンペーパーで、水垢が気になる水栓と鏡をパックします。

30分ほど経ってから軽くこすり、シャワーで流してみました。結果はどうでしょうか?

まずは水栓。

向かって右側がクエン酸パックをした部分です。水垢が取れて、水滴もはじくようになっているのがわかるでしょうか?

やはり汚れの種類にあった掃除方法だと効果的ですね!

 

頑固なウロコ汚れが残っていた、鏡はどうでしょう。

完璧という訳ではありませんがかなり綺麗になっています。最初と比べると水垢が1/10くらいに減っているようです。

今回は30分しか時間を置きませんでしたが、数時間くらい置いてもいいようです。

クエン酸を使ったお掃除、手間も力もかからない方法にも関わらず、お風呂の水垢には効果絶大でした!

 

まとめ

最後までお読みいただきありがとうございます。

浴槽 ・ 壁 ・ 床、排水溝、コーキングのカビ、鏡 ・ 水栓の水垢の掃除方法を部位ごとにご紹介しました。

 

実は、今までナチュラルクリーニングというと安全性と引き換えに汚れ落ちが今一つでもしょうがない、という気持ちを心のどこかで持っていました。でも、今回鏡掃除をしてみて、汚れの種類を見極めれば市販の洗剤以上に汚れを落とすことが出来るということを強く実感しました。

 

自然派の洗浄剤は合成の界面活性剤を使っていないので、洗剤が多少残っていても洗浄成分が肌荒れなどをおこす心配が少なく安心です。

加えて使い心地がさっぱりとしていて、洗浄成分が流しやすく泡切れも素早いので、お掃除時間の短縮にもなります。まさに忙しい人向きの掃除法ですね!

皆さんも簡単に始められる自然派のお風呂掃除、是非試してみてください!

スポンサーリンク




コメントは受け付けていません。