一人暮らしの部屋にソファは必要?ワンルームを狭く見せないソファの選び方!

憧れの一人暮らし!

 

好きなものに囲まれておしゃれに暮らしたいと思う反面、狭い部屋の家具の配置に悩む人も多いのではないでしょうか?

 

最初の一人暮らしでであれば狭いワンルームに住むことになるかもしれません。

そんな住まい事情でもソファを置いた暮らしは可能でしょうか?

 

そこで今回は、一人暮らしの部屋にソファを置くメリット・デメリット、ワンルームでも無理なく置けるソファの選び方についてご紹介したいと思います。

 

こちらの記事を読めば、「ソファを置いたら部屋が狭くなって暮らしにくくなった」といったことが無くなります。

一人暮らしだけどオシャレなソファを置きたい!という人も参考にしてください。

スポンサーリンク

一人暮らしの部屋にソファを置くメリット・デメリット

一人暮らしのソファ事情はどうなっているでしょうか?メリットとデメリットを比較してみます。

 

ソファを置くメリット

くつろぎ空間が確保できる

部屋が狭くごちゃごちゃしがちなワンルームや一人暮らしの住まい。

そんな住まいでもソファがあると、少なくともソファの上は居心地の良い空間が確保できます。

狭い部屋の場合、収納の数や面積も限られている場合がほとんどです。そうすると、どうしても造り付け収納以外の収納家具なんかも部屋に置く必要でてきますね。

 

ソファの上がリラックスする場所と決めておけば、狭い空間を機能的に使い分けることが出来ます。

 

本を読んだり、テレビを見たりするのにもソファの上でくつろいでという人も多いのではないでしょうか。

 

部屋のインテリアがスッキリまとまる

一人暮らしの部屋では収納も足りない場合が多いですね。収納力を考えると背の高い家具を置きたくなります。

 

効率良く収納するには壁面収納はとても有効です。

でも、そうすると部屋の重心が高くなりがち。

勉強や仕事用のデスク・高い収納家具などのある部屋では、ソファを加えると部屋のインテリアの高さが揃い統一感が出ます。

 

加えてインテリアのテイストも統一すると狭い部屋でもスッキリと見せることが出来ます。

ホワイトを基調にしたモダンスタイル、木目を活かしたナチュラルテイストなどがおすすめです。

 

人を呼びやすい

一人暮らしの部屋に人を呼ぶ場合、ソファがあると「ここに座ってね」とスムーズに招くことが出来ますね。

生活感のむき出しになりがちな一人暮らしでも、ソファ次第で洗練された雰囲気を作ることができます。

 

ソファを置くデメリット

次に、一人暮らしのソファのデメリットをまとめました。

 

置き場所が狭くい・掃除しにくい

狭い部屋の場合、家具は優先順位を考えて揃えていく必要があります。

ベッドを置いて、食事をするテーブルを置いて、その他必要な収納家具など置いた後に考えたいのがソファの購入です。

一人暮らしの家具の選び方についてはこちら

一人暮らしの家具の選び方とは?生活パターン別おすすめアイテム!

 

例えばソファに座って食事をして、テーブルも小さいもので、というスタイルならソファを置くスペースは確保できるかもしれません。

その場合でもソファ周りやソファの下を無理なく掃除できる程度のスペースがないとそれこそ身動きが取れなくなります!

 

わたしが考えるに、最低限でも8畳(14㎡)以上のワンルームだと小さいソファなら置くことが出来ます。

 

もしソファのある暮らしを快適に過ごしたい場合は、2部屋ある物件を選ぶ方がおすすめです。

ソファサイズの決め方はこちらの記事をご覧ください!

リビングが狭い!ソファは何cmまで置ける?正しいサイズの決め方は?

 

部屋の使い道が限られる

狭い部屋でソファを置いてしまうと、残りのフリースペースはどの程度でしょうか?

 

学生の場合には実習の課題製作などで広いスペースが必要かも知れません。

 

趣味でモノづくりをする人、コレクションの多い人、部屋で筋トレをする人なんかにも不向きですね。

 

ホコリが出る

部屋の中に布類が多いほどホコリは多くなります。

狭い部屋なのでアレルギーの人は注意が必要です。

 

ホコリやペットの毛が気になる人には革張りのソファという選択肢も。

メンテナンスにクリームを塗ったりという手間はありますが、ホコリやダニが付きにくく、質感が良く長持ちするのが特徴です。

 

ワンルームや一人暮らしの狭い部屋に置くソファの選び方

スポンサーリンク

ワンルームに置くソファはどこに注目して選べばいいでしょうか?

  • ソファの大きさは?
  • ソファのデザインは?
  • 置く目的から考えてみると?

の3つのポイントから考えてみるのがおすすめです。

 

一人暮らしにおすすめのソファの大きさは?

ワンルームなど狭い部屋の場合、大きくても2人掛けのラブチェアと呼ばれる種類がおすすめです。

このタイプのソファは、価格の安いのも魅力です。ネットでは2万円台~探すことが出来ます。

 

もう一つの選択肢として1人掛けのソファもあります。

1人掛けソファはデザイン性の高いものが多く、たたみの部屋に置いても違和感が無いものも。

確実にインテリアの質感をあげてくれます。

 

一人暮らしにおすすめのソファのデザイン

ソファのデザインとしては、

  1. 重厚感のあるもの
  2. 軽いデザインのもの
  3. ローソファ

に分けることが出来ます。

 

重厚感のあるデザインのソファ

重厚感のあるソファは同じサイズでも大きく感じます。

具体的には、背もたれの高いもの(ハイバック)、生地でカバーされたひじ掛けがついているもの、脚があまり見えないようなデザインのもの。

 

こういったタイプはボリューム感が出ます。

このタイプのソファを選ぶ場合は、色などを工夫して圧迫感が出ないようにするのがポイント

 

重厚感のあるデザインの場合、壁の色と同系色の白系のカラーのソファがおすすめです。

 

逆に、黒など色の濃いソファは大きく見えます。

フローリングが濃い色の場合は同系色であれば部屋と馴染んで見えます。明るいフローリングの部屋でこげ茶や黒のソファを使う場合には、濃い色のラグで足元を引き締めるとうまくまとまります。

 

ボリュームのあるタイプの中でもハイバックのものはかなり圧迫感が出ます。

狭い部屋だとソファのボリュームが大きすぎるのでお勧めできません。

 

軽いデザインのソファ

椅子に近いタイプだと威圧感が無いので狭い部屋におすすめ。

「背もたれの低いもの】、「ひじ掛けのボリューム感がないもの」、「脚元が空いていて下の床が見えるもの」など軽く見えるデザインは実際のサイズよりも小さく感じます。

 

ローソファ
ローソファは重心が低いので部屋を広く見せる効果があります。狭い部屋におすすめです。

和室にも合うデザインのローソファ。ソファと座椅子の中間といったところでしょうか?

 

圧迫感なくパーソナルなスペースを作るのに向いています。

 

ソファを置く目的から考えてみると?

あなたにとって、ソファを置く目的はなんでしょうか?

 

テレビを見る、ゲームをするといった場合は快適な一人掛けのソファが最適かもしれません。

 

友人が良く来るという人は、ひじ掛けのないタイプのソファでベンチのように使えると便利です。

 

特別な使い方はないけどインテリアのアクセントが欲しいという人は、赤など差し色のソファもおすすめです。

洋服なんかでは難しい赤もインテリアの中では不思議と落ち着く色になります。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ソファー 2人掛けソファー 北欧 リビングソファー

狭い部屋に濃い色味のソファを合わせる時は、このように足元の空いたタイプを選ぶと圧迫感がなくスッキリとまとまります。

ソファの選びについてはこちらの記事もおすすめです

【ソファ選び】オシャレに見えるソファの色は部屋の床や壁とコーディネート!

 

まとめ

一人暮らしの部屋にソファを置くメリット・デメリットと、狭さを感じさせないようなソファの選び方ついてお伝えしました。

 

ワンルームなど狭い部屋にソファを置く場合は、どうしても周りの家具や壁が同時に目に入ります。

ソファを置くときは周囲の家具との高さやデザインのバランスも大切です。部屋全体を見て圧迫感がないように、軽めのデザインにするのが一人暮らしなどの狭い部屋には向いています。

 

最後までお読みいただきありがとうございます。

シンプルなデザインでお手頃価格のソファがで揃っているといえばIKEAですね

IKEAで選ぶおすすめソファ!一人暮らしからファミリーまで定番から厳選!

あえてソファを置かないという選択もあります

狭いリビングを快適に!ソファなしリビングのスタイルとは?

スポンサーリンク


コメントは受け付けていません。